Home

いさおのブログ2

重要文化財見学

  • Posted by: 130
  • 2017年6月29日 14:26

  • Posted by: 130
  • 2017年6月28日 15:46

町内会旅行の企画

  • Posted by: 130
  • 2017年6月27日 10:22

ボクの住んでいる地区では、 毎年9月の最初の日曜日には1泊2日での地区の親睦旅行が行われていたのですが、年々参加者が減り、昨年は16名と少なく、赤字の旅行となってしまいました。
そこで先月、各地区の班長さんに集まっていただき今年の地区の親睦旅行について話し合っていただいたのです。
けっきょく一般的な勤め人の方は、日曜~月曜の1泊旅行は参加できないとのこと。
費用が一人3万円と高くてはなかなか参加しにくい、、、、。
地区の住民の親睦のことを考えれば日帰り旅行でも良いのでは、、、。
子供も参加しやすいコースの設定を、、、、。
などなど、貴重な意見をお聞きすることができました。

そこで、今回は1泊2日は取りやめ、子供連れでも参加しやすいような日帰り旅行を企画することにしたのです。
毎年1泊2日の旅行に参加されていた方々はきっと残念がっておられることでしょうがぁ~仕方ありません。
この旅行は限られた方々のためのというよりも、地区に住んでおられる方々みんなのための旅行として考えなければならないと思うのです。
ということで、参加費はできる限りやすくするように努力したのですが、やはり一人11,000円となってしまいました。
催行最低人数は20名、果たしてなん人の方々が申し込んできてくれるか、、、、。

20170627.JPG

旅行の企画は、昔から事務所主催の建築見学バスツアーを何度も経験しているので、割と好きな方なのですが、町内会の旅行となると年齢層も幅広く、求めているものもまちまちなので、勝手が違いすぎます。
っていうか、昨今はこのような町内会での旅行の意味が薄れているようにも感じています。

町内会のイベント、なかなか難しいものです。
しかもボクのようにフルタイムで仕事をしている身で、このような町会のイベント企画作業は、正直けっこうの負担です、、、、。

町会役員任期はあと9ヶ月、頑張りますがぁ~。(苦笑)

EDIT

ヒッチハイカーミーティング?!

  • Posted by: 130
  • 2017年6月26日 08:19

20170626.JPG

今日の夜はふじみ野でヒッチハイカーミーティングでした。

参加者は2年前、山形の現場からの帰りに乗せてあげたヒッチハイカーのT君。そしてもうひとりは今月初め、富山に行く途中で乗せてあげたHiちゃん。
そしてオブザーバーとして知人のNさんにも参加してもらいました。

T君は数年前にヒッチハイクで沖縄から北海道までの日本1周をし、途中の宿泊はすべてヒッチハイクで乗せてもらった家、101軒に泊めてもらったというヒッチハイクのプロ。
そして、先日ヒッチハイクをしていて知り合ったHiちゃんも一人でヒッチハイクをしながら各地を旅する女子でした。そしてHiちゃんはこれからヒッチハイクで世界1周を考えているとのこと。
そんなことを聞いたので、これは是非ともT君を紹介したほうがよいとおもい、Hiちゃんのことを話したら、T君は賛同してくれて今日の飲み会となりました。

みなさんはそれぞれ初対面でしたが、さすがにヒッチハイカー同士、即!意気投合でした。
聞くとT君も来年は、ヒッチハイクで世界1周を企てているとのこと、二人のパワーに圧倒されっぱなし。
彼らと話していると、彼らはただ単にお金をけちってヒッチハイクをしているのではないということがよ~くわかります。
いろいろな人との出会いから世界を広げ、自分自身を鍛えることにあるようです。
そしてその出会いは何物にもかえがたいものがあるようです。

二人に将来の夢を聞くとT君は世界1周を終えたら、幼児教育関連で起業すること。
そしてHiちゃんは貧しい国の雇用を増やすような仕事をし、その国の子供たちが幸せになれる仕事をしたいとのことでした。
いや~みなさん崇高な夢に向かって突き進んでいるのですねぇ~。

T君からは「細谷さんの5年後の夢はなんですか?」と聞かれ、はっとさせられてしまいました。
まだまだ夢をしっかり持って日々精進しなくてはと、あらためて若者から教えられたのです。(汗)
このような若者たちと知り合うことができ、本当に幸せです。

とても刺激的な会でした。T君、Hiちゃん、ありがとう!ここから応援してます。


EDIT

ご縁、、、。

  • Posted by: 130
  • 2017年6月25日 08:49

土日、2日間の建築家イベントが終わりました。

今回も地元ということもあり、ボクの設計した建物を知っている方が多くいらっしゃいました。
長年、設計事務所をやらせていただいていると、地元に密着した設計活動は少ないといってもいつのまにかふじみ野市内には10軒以上の建物を設計させていただき、富士見市も入れると15軒近くになります。
それれらの建物が地域の人に存在を認識していただけていることは設計者にとっては大変嬉しいことです。

きょうも設計相談にいらした方と話していて驚いたのは、数年前に設計させていただいたstandhalという住宅のすぐご近所の方だったということ。
もちろんその方は、ボクがその建物を設計したことは知りませんでしたが、そのことをお話するとすると驚かれていました。
そしてもっと驚いたのは、お話をお聞きしているとどうやらボクの姉と小学校の同級生のよう、、、不思議なご縁を感じました。
これを機会に、少しでもお役に立てれば幸いにおもいます。

20170625.JPG

このイベントに参加させていただき、有意義なことは、他の設計者の方々といろいろな情報交換をしながら交流ができるということ。
仕事の進め方や、プレゼンテーション手法など、たいへん参考になります。
そしていつも感じるのは、ASJのイベントに参加される設計の方々は、とくに自分自身のプレゼンテーションがうまいということ。
自分自身のプレゼンテーションについては、いろいろな経験を増やし、まだまだ勉強しなければとあらためて痛感したのです。

そういう意味でも、有意義な2日間でした。

EDIT

ひさしぶりにイベント

  • Posted by: 130
  • 2017年6月24日 07:50

20170624.JPG

きょう、明日と富士見市のキラリ✩ふじみで建築家のイベントがあり参加しています。

ASJという建築家を登録組織が主催するイベントで、今回は1年半振り、通算4回目になるでしょうか。
今回の参加建築家は6人。(御夫婦建築家の方もいらしたので正式には7名)
その参加しているメンバーをみるとIさんを除いてみなさん初めましての方々。そしてみなさん40代。いつのまにか最年長になってしまっている自分にちょっとショック?を感じます。(笑)
たしかに、新たに家を建てようとする方の年齢は30代後半から40代前半が多いよう。
そんなとき、出来れば同世代の方が話しやすいというのがあるのかもしれませんが、そんな若手に混じって頑張ってきました。(苦笑)

どうやらこのASJという組織の全国の登録建築家は2800名以上とのこと。
ただ、ボクがいつも感じるのはその「建築家」の定義がじつに曖昧ということ。
まあ、芸術家や小説家といわれている職業と同じで、特別な資格は必要はなく自己申告でよいようです。
「建築家」については、以前からボクなりの定義があります。
建築家とはお金のために建築設計をしていないという崇高な姿勢の人のこと。
実際の設計業界においては、そういう方はそう多くないように思います。
ですから、当然ボク自身もいまだに設計屋!?だと思っています。
自らを「建築家」なんて恐れおおくて云えません。(笑)

きょうは天気が良かったせいか、来場者数は少なめでした。
明日に期待です。


EDIT

竣工模型?!

  • Posted by: 130
  • 2017年6月23日 17:17

今週末はひさしぶりに建築のイベントがあり、参加します。
場所は富士見市にあるキラリ✩ふじみ。

数人の建築家による住宅作品を展示し、これから家を建てようとしている人と建築家のマッチングを図るというイベントです。
いままでも数回参加したことがあり、今回で4回目ということになります。

我が事務所に設計の依頼をしてくるかたはホームページなどをみて、直接事務所にコンタクトをとってくる方がほとんどなのですが、実際のところ、最初に建築事務所に直接連絡を取るというのはなかなか勇気がいることのようです。
そんな建築設計事務所の敷居の高さを解消するのが今回のイベントといっても良いのかもしれません。
気軽に何人もの建築家と話をできるというのは設計依頼を考えている方とすれば、かなり気持ちが楽なはずです。
だいぶ以前は、建築家に住宅の設計を依頼するということは、かなりのお金持ちか、普通の住宅では飽き足らない、変わった考えの方?が多かったように思いますが、最近はハウスメーカーの住宅と、こだわりのあるちょっと変わった建築家ブランドの住宅との中間を望まれる建て主さんが多くなっているように感じます。
まあ、建築設計事務所の敷居が低くなってきたことは良いことだと思うのですが、ハウスメーカーの商品としての住宅とは根本的に違う住宅を設計している我が建築事務所にとっては、ハウスメーカー感覚で設計を依頼されると、困ってしまうケースもたまにあります。
良い出会いがあると良いのですが、、、、。

201706231.JPG

イベントではいままで設計した住宅の写真や模型を展示します。
今回は数年前に設計したN HOUSEの50分の1の竣工模型を展示用に新たに作ってみました。
通常は設計段階でクライアントへのプレゼンテーション用に模型を作るので、最終的な竣工時には多少の変更が伴います。
今回ははじめて竣工した住宅の模型を制作してみたのですが、それはそれでディテールの精度も密になりなかなか面白いものです。

EDIT

Index of all entries

Home

Calendar
2017 6 »
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Navi

いさおのBLOG1(2008年10月まで)

スタジオ4設計のHPに戻る

Archives
Recent Entries
Recent Comments
Links
Search
Feeds

Return to page top